海外保険の保険料が変わる要因は?年齢でも変わるの?

海外旅行保険は滞在国によって変わる

旅行会社に行くとたくさんのパンフレットが置いてあります。定番の国や地域のものもあれば、あまり知らない地域のものもあります。あまり行かない人なら定番のところを選ぶかもしれませんが、よく行く人なら知らない所にも行ってみたいと思うかもしれません。海外旅行であれば旅行保険に入るのは必須と言え、渡航前に準備をしておくようにしましょう。このときの保険料の決まり方として、滞在国によって変わるのが一般的です。それぞれの国でリスクが異なり、リスクが低い国だと保険料は安くて高い国だと保険料も高くなる仕組みです。保険会社によってそれぞれの国に対するリスクの評価が異なるので、マイナーな国ほど保険料に差が出るときもあります。マイナーな国に行くならしっかり比較しましょう。

年齢によって旅行保険の保険料が変わる

生命保険は年齢が高くなるほど保険料がアップします。平均余命が年齢が高くなるほど短くなるからでしょう。自動車保険は逆に年齢が低いと高くなります。若い人ほど事故率が高くて年齢が上ると下がる傾向にあるためのようです。では旅行保険はどうなっているかです。死亡保障などもあるので年齢が多少関係しそうですが、短期の損害保険なので年齢と無関係のような気もします。いろいろな保険会社の料金を見ると、年齢で変えているところが結構あるので注意しましょう。ある保険会社は50歳以上か未満かで保険料に差が出る仕組みでした。高齢になればなるほどさらに上がっていきます。保険会社によっては50歳以上でも上がりにくいところもあるので、自分に割安な保険を探しましょう。

フラマイレーツでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です