国内旅行のホテルで食事つき・なしのメリットってある?

国内旅行で1泊2食の宿泊先を選ぶメリット

国内旅行では、1泊2食付のホテルに泊まるか、素泊まりのホテルに泊まるか迷う人も少なくありません。1泊2食付のホテルの場合、そのホテルでなければ出してもらえないメニューがあれば、宿泊するメリットが高いです。ホテル専属の料理長が有名な人であった場合、その人が作るメニューが食べられるのはそのホテルだけとなります。旅行の目的のひとつにその料理長の料理を食べることがあるなら、1泊2食付のホテルに宿泊し、料理を堪能したほうがいいでしょう。
ホテル限定で食べられるメニューはホテルのHPやメルマガで紹介していることが多いため、食べたいメニューを見つけて予約する方法もあります。そのホテルならではの料理を堪能するために、何度も訪れる人も少なくありません。

国内旅行で素泊まりの宿泊先を選ぶメリット

国内旅行に行った時、素泊まりのホテルを選ぶ人は少なくありません。素泊まりの人の考え方としては、地元の気取らないおいしい料理を食べたいという人や、食事に費用を掛けるよりも観光に費用を掛けたいという人が少なくないからです。
ホテルにこだわらずおいしい料理を食べたいという人の場合、地域のおいしいといわれるお店の情報をネットで検索し、予約していることが少なくありません。そのため、ホテルには眠りに帰るだけという人も多いといわれています。
食事に費用を掛けずに観光に費用を掛けたい人の場合、観光先で食べ歩きをしながら見物をする人や、地域のイベントを見に行く人も少なくありません。イベントを見ながら食べ歩いていると食事の必要がないため、素泊まりを選択する人が多いです。

フラマイレーツでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です