国内旅行にオフシーズンってある?注意するポイントは?

国内旅行でオフシーズンに出かけるなら?

国内旅行でオフシーズンといわれているのは、1月の中旬から2月です。また、4月中旬から下旬、5月中旬から7月の初旬も比較的空いているといわれています。地域によっては11月の中旬から12月の中旬までもオフシーズンに入るため、場所を調べて出かけると観光を堪能できるでしょう。
紅葉が終わった京都などは人が少なく、関心の高い神社仏閣を時間をかけて観光したい人にはおすすめですよ。また、沖縄をはじめとするマリンスポーツが盛んな地域では、冬季はオフシーズンと思われています。しかし、冬でもスキューバダイビングなどを行える水温の地域であれば、季節に関係なくマリンスポーツを堪能できるため、人の少ない冬季に出かけるのはメリットが高いです。

オフシーズンでも地域によっては混雑するため注意!

地域によってはオフシーズンであっても、ほかの地域では混雑するシーズンとなっていることが少なくありません。たとえば、北海道ではさっぽろ雪まつりが行われているため、観光客が大勢訪れるといわれています。場所によってはウィンタースポーツを楽しみたいスキー・スノーボード客でにぎわうため混雑しがちです。
5月中旬から7月の上旬は、梅雨に入る為旅行に行く人が多くないシーズンと思われています。しかし、鎌倉ではアジサイ寺と呼ばれているお寺を中心に、観光客が多いです。場所によってはオフシーズンであっても、観光スポットとなっていることがあるため、地域や季節、観光名所を確認してから訪問をすると混雑に当たらず済むでしょう。

フラマイレーツでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です